おすすめ腰痛ベルト

腰痛ベルトとは?

腰痛ベルトを使ったことはありますか?

 

つらい腰の痛みの原因は様々ですが、
その腰を無意識に庇ってしまうため、


関節や筋肉の不具合が体中にじわじわと広がってしまうことが多いようです。

 

 

肩こりや頭痛など、一見腰痛とは関係無いように思われる症状でも、
実は腰の痛みが原因だったりもします。

 

人体の筋肉は、大小含めて600を越える数からなっていて、
それらの筋肉は全て連動しているそうです。

 

腰の痛みを庇うために背筋や腹筋に力が入っているのは、
日頃なんとなく感じることがあると思います。

 

その背筋だけでも、「腹直筋」「内腹斜筋」「外腹斜筋」「腹横筋」など、
いろいろな筋肉で構成されています。

サプリメント

筋肉の全てをバランスよく使いこなせればいいのですが、
健常時でもそれは難しいことだと私の通っている鍼灸師さんも仰っていました。

 

 

 おすすめの腰痛ベルト 中山式はこちら!

肩こりや頭痛の原因に

話を元に戻しますと、それだけたくさんある筋肉の、
どれかひとつかふたつに負担を掛け続けることで、
先ほどの肩こりや頭痛の原因になることもあるのだそうです。

 

 

鍼を打ちに行くと、「腰が痛いのに」「肩が凝ってるのに」全然関係無い足のふくらはぎや、
腕の手首やらにまで鍼を打たれるのは、つまりそういうことなのだそうです。

 

腰を庇うために常に緊張させられている筋肉を、
また別の筋肉が庇うといった悪循環が起きているのですね。

サプリメント

 

 

さて、腰痛ベルトとは、腰痛に苦しむ人にとっての物理的サポートをしてくれる物です。

 

慢性的な腰痛などは、特に「運動をして筋肉を鍛えてください」と言われますが、
水泳やウォーキングなど続けるのが難しいものです。

 

それに筋肉が腰を支え切れるほど鍛えられるまでには、
やはり腰痛に苦しまなければなりませんしね。

 

そこで腰痛ベルトの出番です。

 

衰えたり疲労した筋肉の介添え役として、腰を支えてくれます。
また、正しく装着することで姿勢の矯正効果を得られる物もあります。

 

慢性腰痛の大敵、冷えの予防対策としても大活躍!

 

腰痛には様々な症状があるように、腰痛ベルトにもたくさんの種類があります。
自分の腰痛症状に合った腰痛対策ベルトを選ぶようにしましょう。

 

今まで1度も腰痛ベルトをした経験のない人も、これを機会に是非1度、お試しください。
それまでの腰の不調が、腰痛ベルトをすることで何かが変わることでしょう。

 

腰痛ベルトは、腰のプロテクターだと私は思います。

 

必要以上に使用することは逆効果ですが、用途用法を守った上で使用している内に、
それまで腰が痛くて歩けなかった距離を、気付くと軽々と歩いていたりしてました。

 

そうしている内に、自然と運動量も増えて、無理することなく腰痛改善への道が開いた感じです。
腰痛ベルトは、腰痛で悩んでいる人を支えるための物なのです!